ロイヒトトゥルム

モレスキンとロイヒトトゥルム 。ハードカバーノートならどちらがいいか

メモ帳として、トラベラーズノートを使っていましたが、リフィルを交換しながらほぼ1年使ったので、ほかのメモ帳を探すことに。

ハードカバーノートで何かいいものはないかと思い、もう一度モレスキンにしようかと思ったのですが、ここで気になったのが同じハードカバーのロイヒトトゥルム 。

試しに買ってみて、モレスキンやロディアなどのハードカバーノートと、どう違うかなどを書いていきます。

モレスキンと似ている、ロイヒトゥトゥルムが気になる人。ハードカバーノートを探している人に参考になればと思います。

 

モレスキンとロイヒトトゥルムの違い

モレスキンとロイヒトトゥルムの違いを、詳しくみていきます。

モレスキンはポケットサイズのドット方眼、ロイヒトトゥルムはポケット A6の方眼です。カラーはどちらもブラック。

いずれも限定版などは除きます。価格はどちらも2000円(税抜き)

サイズ ページ数 中身 カラー
モレスキン ポケットサイズ(約9×14cm) 192ページ 無地・横罫・方眼・ドット方眼 8色
ロイヒトトゥルム  ポケット A6(約9×15cm) 187ページ 無地・横罫・方眼・ドット方眼 17色

 

サイズ・ページ数

サイズ ページ数
A6 正寸 10.5×14.8cm 30〜40ページ前後
モレスキン ポケットサイズ(約9×14cm) 192ページ
ロイヒトトゥルム  ポケット A6(約9×15cm) 187ページ

 

実際のA6サイズと比べるとmm単位での違いはあるものの、モレスキンはA6正寸より一回り小さいサイズ感。ロイヒトトゥルムは縦の長さはほぼ同じ、横のサイズが短いのでA6正寸よりスリムです。

ページ数は、キャンパスノートが40ページ前後に比べてモレスキンが192ページ、ロイヒトトゥルムが187ページです。価格は同じですが、ロイヒトトゥルムではインデックスがつく分、ページ数には差がみられます。

両方を見比べても、サイズ以外では大きな違いは感じませんでした。個人的に気になっていたハードカバーの厚みや質感もほぼ同じです。

 

中身

モレスキン、ロイヒトトゥルム共に、無地・横罫・方眼・ドット方眼が用意されています。モレスキンは置いてある店が多いのですが、ロイヒトトゥルムは少なく、実店舗で買われる方は、好みのタイプを探すのに苦労するかもしれません。

ロイヒトトゥルムは、

  • インデックスがある
  • ページ番号がある
  • しおり紐が2本

が大きな特徴ですね。

モレスキンとロイヒトトゥルムの見開きページ。(黄色い付箋は気にしないでください。)

 

ロイヒトトゥルムではインデックスが3ページつきます。

 

一番の特徴が、ページ番号がつくこと。今まで気にしていませんでしたが、これは便利

 

方眼では上部にタイトル、下部にページ番号があるので方眼が限られています。

 

左がモレスキンのしおり。右の2本がロイヒトトゥルムのしおり。ラインが入っておしゃれ。

 

カラー

 

モレスキンが8色。(ブラック・グレー・ブルー・サファイアブルー・レッド・オレンジ・イエロー・グリーン)

ロイヒトトゥルムが19色。(ブラック・アイスブルー・アジュール・アントラシート・アーミー・エメラルド・オレンジ・サンド・ニューピンク・ネイビー・ノルディックブルー・パシフィックグリーン・パープル・フレッシュグリーン・ベリー・ポートレッド・レッド・レモン・ロイヤルブルー・アントラサイト)

公式サイトでは17色とありましたが、19色展開でした。カラーはわかりませんがなくなり次第終了のカラーもあるようです。

カラーが豊富なロイヒトトゥルムは選ぶ楽しみが増えそうです。モレスキンは色が限られている分、ハマれば文句なし

 

紙質

モレスキンは万年筆だと裏抜けする、ロイヒトトゥルムだとしないと言われています。

モレスキンの紙質が価格に比例しないのは、周知の事実。私は万年筆を使うことはほぼないので文句はありませんでしたが、通常のボールペンでも裏抜けがあることがありその点だけは不満。

紙質はロイヒトトゥルムがわずかに明るい感じ。

 

LAMYのサファリで。モレスキンの裏抜けが酷い。

 

どちらも裏抜けはするが、モレスキンの方が酷い。インクによるのかもしれないので自分でチェックが必要

 

モレスキンとロイヒトトゥルムどちらがいいか

ざっとまとめると、

  • モレスキン・・・手に入りやすい、知名度抜群。ページ数がわずかに多い
  • ロイヒトトゥルム・・・カラーが豊富。紙質はわずかに上。ページ番号が振ってある。

どちらもノートしては高いので、ページ数や手に入れやすさを求めるならモレスキン。好みのカラーがモレスキンになかったり、紙質、ページ番号が必要ならロイヒトトゥルム

 

ロディアとアピカという選択肢もある

ちなみにロディアのウェブノートブックとアピカのハードカバーノートも、店頭で見る機会が多いハードカバーノート。

ロディアは使ったことがあるが、本体サイズは変わらないのに、カバーがモレスキンと比べて厚く、使いにくかったのでやめた。

アピカのハードカバーノートは、プレミアムとある通り、紙質は抜群。紙質を求めたハードカバーノートならこれしかないという感じ。(先輩が使っていて聞いた話)

アピカの紙質はモレスキンなどとは比べものにならないので、価格も割高。サイズはほぼ変わらず、ページ数は約半分の96ページ。(アピカを買うならネットがおすすめ。約半額で手に入る)

 

ハードカバーのメモ帳として使うならロイヒトトゥルム

今までトラベラーズノートをメモ帳にしていたけれど、しばらくロイヒトトゥルムを使ってみます。サイズ感がよくモレスキンと比べることはあれど、こちらの方が使いやすそう。これは完全に好みだと思います。

ハードカバーノートを探しているなら、ぜひロイヒトトゥルムも考えて欲しいと感じました。