iPhone

iPhone Xから変わった基本操作まとめ。ホームボタンなしでも問題なし

 

iPhone XSに変えてホームボタンがないことに、多少の戸惑いもありましたが今では「ホームボタンって必要だったかな」とも思います。

ちょうどAndroid機(ホームボタンや戻るボタンがあった頃)からホームボタンのみのiPhone 6に変えて「ホームボタンだけで慣れるのかな」と感じたときに似ています。

今更ですが自分の備忘録としても基本操作をまとめたいと思います。

iPhoneのホームボタン(あり・なし)と比較しての基本操作まとめです。

 

iPhone Xからの基本操作まとめ

iPhone X〜(ホームボタンなし) iPhone 8 まで(ホームボタンあり)
ホーム画面に戻る 画面下のバーを上にスワイプ ホームボタンを押す
通知センターの表示 画面左上から下にスワイプ 画面上から下に向かってスワイプ
コントロールセンターの表示 画面右上から下にスワイプ 画面下から上にスワイプ
マルチタスク画面の表示/終了 画面下から上にスワイプ途中で指を離す ホームボタンをダブルクリック
Siriの起動 サイドボタン長押し ホームボタン長押し
ロック状態からのApple Pay支払い サイドボタンをダブルクリック ホームボタンをダブルクリック
スクリーンショットの撮り方 サイドボタンと音量ボタン(上)を同時押し サイドボタンとホームボタンを同時押し
電源ON/OFFの方法 サイドボタンと電源ボタン(上もしくは下)を長押し サイドボタンを長押し
強制再起動の方法 音量ボタンを上→下の順で押したあとにサイドボタンをアップルロゴが出るまで長押し ※下記参照

iPhone 8/plusはiPhone Xの操作と同じ。iPhone 7/plusは電源ボタンと音量ボタン(下)を同時に長押し。それより前のiPhoneはサイドボタンとホームボタンを長押し。

かなり基本的なことですが、違いを知っておけばホームボタンなしのiPhone X以降に変えても迷うことは少ないと思います。

 

iPhone XSに変えて気づいた点

メモを書く人

スクリーンショットは撮りやすくなった

iPhone X以降のスクリーンショットはサイドボタンと音量ボタン(上)の長押しで片手でも撮りやすくなりました。

意図せずホームに戻ってしまうことも

ホームに戻るが下から上にスワイプなので、webサイトなどを流し読みするときのスワイプだったのに、ホームに戻ってしまうことがある・・・。

Apple Pay支払いがめんどくさい

Apple Payで支払う場合、今まではTouch IDだったので画面をわざわざ見る必要はありませんでした。(ホームボタンをダブルクリックと同時にTouch IDが認証されたので、指をホームボタンにかざせばいいだけでした。)

それに慣れてしまっていたのもあり、iPhone XからはFace IDでわざわざ画面を見なければならないのが地味にストレスです。パスコードは長めに設定してあるので入力は面倒。

まとめ:慣れればホームボタンは必要なかったと思える

パソコンとノート

最初は多少戸惑いましたが慣れればホームボタンなしでも問題なく、むしろこちらの方が使いやすいとさえ思います。欲を言えばTouch IDとFace IDが併用できればもっと便利になるのかなとも思います。