ロディア

新たなメモ帳にロディアのウェブノートブックを使う

ウェブノートブック
f:id:drymartini-0202:20180101163121j:plain

(過去記事を再編集しています。)

今回は、ロディアのウェブノートブックを購入しました。

モレスキンより安価で紙の質がいいものを求める人にはオススメです。

ロディア ウェブノートブックを選んだ理由

ロディア ウェブノートブックはモレスキンより安い

モレスキンに限らず、ハードカバーノートを買うときに気になるのが値段。サイズにもよるが安くても2000円前後からと、大学ノートを元々使っていた頃からするとだいぶ高い

モレスキンを使い終わって思うのは、もう少し安いハードカバーノートがあればということだった。ロディア ウェブノートブックはこの条件を見事に満たしてくれた。

モレスキンに比べて紙質がいい

モレスキンは万年筆が裏抜けするだけでなく、紙質が価格帯に比べれば悪い、と言われている。メモとして使っていたので万年筆を使う機会はなかったが、試しに書くと確かにひどい。

100円程度のノートであれば許せるが、「なんで2000円払ってこの紙質なんだ」という感じ。それだけでなくボールペンでも筆圧強くかくと、裏抜けのようになる。メモなので気にしないが、もっとマシにならないかと思っていた。

そこで目にしたのがロディア。万年筆の裏抜けはあるがモレスキンよりひどくなく、ボールペンの跡もつきにくい。モレスキンより安いこともあって非常に魅力的に感じた。

単純に他のハードカバーノートを試したくなった

初めはモレスキンから始まったハードカバーノートだが、使えば使うほどより良いハードカバーノートがあるのでは、と思うように。そこで目についたのがモレスキン同様に手に入りやすいロディア ウェブノートブックだった。

 

ロディア ウェブノートブックのサイズ展開

ブロックメモが有名なロディアだが、ウェブノートブックの展開も調べてみるとかなり多い。いずれもモレスキンより安いので、モレスキンの代わりを探している人はいいのではないかと思う。

ウェブノートブック:A6・A5・A4

サイズ 仕様 ページ数 カラー
A6 9×14cm ドット方眼・横罫 192ページ オレンジ・ブラック・シルバー
A5 14.8×21cm ドット方眼・横罫 192ページ オレンジ・ブラック・シルバー
A4 21×29.7cm ドット方眼・横罫 192ページ オレンジ・ブラック・シルバー

一般的なハードカバーノート。サイズは表記の通りだが、ページ数とハードカバーの厚さもあって、A5以上は存在感がある。

ウェブノートブック ランドスケープ

主にスケッチやアイデア用として、横幅なノートもラインナップされている。

サイズ 仕様 ページ数 カラー
14×11cm 14×11cm 無地・ドット方眼 192ページ オレンジ・ブラック
A5 21×14.8cm 無地・ドット方眼 192ページ オレンジ・ブラック

あまり店頭では見かけにくい種類ではある。

カラーや種類が少ないことがデメリット

モレスキンノートと比べると、カラーは多くて3色、ドット方眼か横罫の展開しかないので、色々選びたい人には不向き。しかし種類が限られているということは、迷う必要がないのでそれはありがたい。

 

ロディア ウェブノートブックを詳しく見る

A6サイズ:メモ用として

f:id:drymartini-0202:20180101161323j:plain f:id:drymartini-0202:20180101161716j:plain

カラーはシルバーをチョイス。たまたま店頭にこの色だけしかなかった・・・

f:id:drymartini-0202:20180101161849j:plain f:id:drymartini-0202:20180101162101j:plain

見返しもシルバー。

ポケットはあまり使うことはないと思うがあって困ることはない。

f:id:drymartini-0202:20180101162411j:plain

ドット方眼。方眼が濃いと言われているようだが、メモ用途なので気にしない。

A6サイズを使って感じたこと

上がロディア ウェブノートブック。モレスキンと比べて、カバーに厚みがあるのがわかる。

当然ながらモレスキンのポケットサイズの代わりを探している人には、非常にいい選択肢になる。ハードカバーがモレスキンと比べて厚く、持った感じはモレスキンより大きく感じるのでそこだけ注意。

A5サイズ:プライベート用ノートとして

カバーがモレスキンと比べると柔らかいので、ゴムの跡が残る。
ドット方眼。しおりは1本。
モレスキンと同じように後ろにポケットが1箇所。

 

A5サイズを使って感じたこと

モレスキンのラージサイズ(13×21cm)と違い、サイズがA5正寸(14.8×21cm)と同じなので書くときに横幅を気にしなくて済む。

こちらもハードカバーに厚みがあるので、通常のノートと比べても存在感はかなり感じる。

ロディア ウェブノートブックはモレスキンより安価

パソコンとノート

ロディアは表紙が合皮なので柔らかい(フカフカ)と言われ、遠慮されることもあるがそこさえ許容できれば非常にいい仕上がりだと思う。

今使っている、能率手帳ゴールドともサイズが違わないので常にセットで持ち歩くようにしている。

ぜひ、モレスキン以外のハードカバーノートを探している方は検討して欲しい。