Apple Watch

「Apple Watch」セルラーモデルとGPSモデルの違いとは?

Apple Watch
Apple Watch

以前「Apple Watch Nike+」と通常モデルの違いを説明しましたが、今回はセルラーモデル(GPS+Cellular)とGPSモデルの違いです。価格も約1万円違いますし、できれば購入してから後悔はしたくないもの。

両モデルを使った結論から言えば、iPhoneを肌身離さず持っている人・Apple Watch単体での電話機能が必要ない人であればGPSモデルで十分です。

「Apple Watch」のセルラーモデルとGPSモデルの違いを知りたい人・どちらがいいか迷っている人にオススメです。

「Apple Watch」単体で電話するかどうか

細かい違いは下記の「セルラーモデルとGPSモデルの違い」で書きますが、決定的に違うのは、「Apple Watch」単体で電話(通信)できるかどうかです。

iPhoneがそばにあれば、セルラー・GPSモデルともにできることはほぼ変わりません。iPhoneがあるのにわざわざ「Apple Watch」で電話する人もいないでしょう

となれば、「Apple Watch」単体で使うシーン(iPhoneを持っていない状況)があるのかどうかを考えればいいかと思います。

「Apple Watch」単体で使うシーンがあるかないか

私の場合は、「Apple Watch」のセルラーモデルを使っていて、セルラーモデルでなければということはありませんでした。むしろなぜ高いお金を出して(GPSモデル+1万円)買ってしまったのかと思っています・・・。

「Apple Watch」の通話機能に惹かれたとはいえ、使うシーンはなくGPSモデルでも十分でした。

唯一、セルラーモデルでよかったなと思うのはランニングのとき。当然走るのに邪魔なiPhoneは置いていきますが、通知はしっかりと「Apple Watch」側で確認できるので緊急の連絡が来た時でもすぐ対応できます。

しかしこれも、1時間未満のランニングの中で、すぐに対応しなければいけない連絡なんてないので、1万円以上の価格差のメリットを見いだせませんでした。

watch OS 5から標準でwi-fi機能が搭載

2018年9月にリリースされたwatch OS 5から標準でwi-fi機能が搭載されたため、接続さえできればiPhoneがそばになくても、電話以外の様々な通信機能が使えます

ということは、「Apple Watch」で電話を使わない、またはiPhoneはつねに肌身離さず持っている(Apple Watchのそばにある)人であれば、わざわざ1万円以上高いセルラーモデルを買う必要はないということです。

私も初めセルラーモデルを買った時に物は試しということで、Apple Watchで通話をしましたが、電池の減りは早くなるうえ、相手の声もダダ漏れなので実用的とはいえませんでした。iPhoneの電池が切れた時の非常用という感じでしょうか。(しかしそれ以降、1年間1回も使ったことがありませんでした。)

 

「Apple Watch」セルラーモデルとGPSモデルの違い

メモを書く人

「Apple Watch」単体で電話ができるか

これは上記で書いた通り。これを除けば、セルラー・GPSモデルともにできることは変わりません。

「Apple Watch」の素材とデザインの違い

右:セルラーモデル 左:GPSモデル ベゼルに赤い線があり、ブラックの色合いから判断できる。

 

素材 カラー GPS+Cellular GPS
ステンレススチール シルバー ×
スペースブラック ×
ゴールド ×
アルミニウム シルバー
スペースグレイ
ゴールド

Apple Watchのバンドは別途購入できますが、本体のカラーは別売りの保護ケースでもつけない限り変えることはできません。当然素材自体も変えることはできません。

あくまで比べればという表現になりますが、ステンレススチールの方が光沢もあり高級感は上かなという感じがしますが、比べないとわかりません。

またGPS版にはスペースブラックではなくスペースグレイしかないので、ブラックが好みであればセルラーモデルを選ぶしかありません。

セルラー版にはベゼル部分に赤い縁取りが入るので区別をつけることが可能です。

価格差は1万円以上!

Apple WatchのセルラーモデルとGPSモデルでは、11,000円(税別)以上の差があります。モデルやバンドの種類によって価格差は大きく変わるので購入時には注意が必要です。

例)シルバー・ホワイトスポーツバンドのセルラーモデルとGPSモデルの価格差

素材 カラー GPS+Cellular GPS
ステンレススチール シルバー ¥74.800 ×(取り扱い無し)
アルミニウム ¥56,800 ¥45,800

(2019年8月時点 apple公式HP

GPSモデルのシルバーアルミニウムを基準とした場合のセルラーモデルとの価格差は、アルミニウムで11,000円、ステンレススチールで29,000円です。高いか安いかは人それぞれですが、私にはどうしても高く思えてしまいます。

 

「Apple Watch」での電話に魅力を感じなければGPSモデルを選ぶべし

パソコンとノート

私が「Apple Watch」を持っていて一番便利だなと思うのは、通知機能。iPhoneの通知をApple Watch側で見られるのは、iPhoneを取り出す手間が省け非常に便利です。しかしそれは、セルラー・GPSモデルどちらでもできること。

Apple Watchの機能は両モデルともほぼ変わらなくなっています。デザインに多少の違いはあれど、あくまで比べればという程度。価格差が気にならなければ好みでもいいと思いますが、考慮した上で、電話が必要なければGPSモデル一択です。